Dolce Original Brand

E.シュミット

E.Schmid

ホルン一覧へ戻る

About Brand

ブランドについて

芳醇なるシュミットサウンドと革新的技術の見事なハーモニー

シュミットaboutbrand内画像1 シュミットaboutbrand内画像youtube シュミットaboutbrand内画像2 シュミットaboutbrand内画像3

エンゲルベルト・シュミット社の歴史は1980年に、ドイツ・トロッシンゲンで開催された「国際ホルンワークショップ」で初めて楽器を展示したことから始まります。 その優れた設計思想に基づいたホルンは瞬く間に極めて高い評価を獲得し、名だたる奏者たちを虜にしました。
1990年、マイスターの称号を手に入れたシュミットはドイツ南部のTiefenriedの地に工房を設立します。
それから十分な時間をかけ、彼は一流のチームを作り上げていきます。
シュミット自身がホルン奏者として数多くの一流オーケストラで培った経験と、そしてホルンに対する愛情が如何なく楽器製作に注ぎ込まれています。
すべてのパーツを自社工場で製作し、すべてをハンドメイドで作り上げていくホルンメーカーは現在ではシュミット社だけとなりました。
そのホルンはただ一つの哲学に基づいて作られています。
最高の職人のみが最上の楽器を作り出せるという哲学です。
優美な曲線を描くフォルムや最新のテクノロジーで研究されたヴァルブセクションはすべて手作りで作られており、ハンドメイドならではのぬくもりがその楽器からはあふれ出ています。

シュミットホルンから生み出される高貴で広がりのある音、気品にあふれた造り、そしてその精度の高いヴァルブセクションが可能とした正確な発音と音程は、
シュミットホルンをもはやひとつの楽器としてではなく、芸術品と呼ぶにふさわしい完成度へと高めています。
一流のチームが作り出す、最高のホルンだからこそ、数多くの一流アーティストを虜にするシュミットホルン。

新しいスタンダードを築き、そして絶えず進歩し続けるシュミットホルン。

伝統と革新の美しい息吹がその楽器からは奏でられます。

シュミット氏自身による、工場の紹介とホルン製作への情熱やこだわりをこちらの動画でご覧いただけます。

Line Up

ラインナップ

ホルン

シングルホルン

非常にレスポンスの高い楽器です。高音域を吹くプレーヤーに特に好まれます。

詳細を見る

ディスカントホルン

B♭管の重厚な音色、HighF管の輝かしい音色。二つを合わせ持った楽器で、高音域を演奏するプレーヤーに愛されている楽器です。HighE♭管にすることによりマウスパイプが長くなりB♭管とHighE♭管の音色の統一感もでます。

詳細を見る

フルダブルホルン

演奏上のクオリティーはもとより、その外観の美しさ”完璧”という言葉がふさわしい銘器
ヴァルブ操作のスムーズさ、高音域の安定感は特筆すべきものがあります。

詳細を見る

トリプルホルン

抜群の操作性、緻密な設計により軽量化されたシュミット社のトリプルホルン。セミトリプルホルンはよりフルトリプルホルンよりも軽いため、操作性も向上し多くのプレーヤーに愛されています。

詳細を見る

ウインナホルン

シュミット社創立35周年を記念して作成されたモデルです。オリジナルポンプバルブを搭載し、通常のロータリーホルンの様なスムーズな操作性を実現しました。ウィーンフィルのメンバーも使用しており、これからのスタンダードになる楽器といえるでしょう。

詳細を見る

ナチュラルホルン

イグナス・ロレンツの使用していたモデルに基づく C alto・Bb・A・G・F・E・Eb・D・C basso・Kuppler 1 Tonの各種クルーク付

詳細を見る

オプション・ベル・マウスピース

シュミット社のベルは広がりの異なる2種類、職人によるハンドハンマー仕上げ、クランツの様々な種類がございます。

詳細を見る

ワーグナーテューバ

ワグナーテューバ

エンベルゲルト・シュミット社ワーグナーテューバは、革新的な新しい技術を採用しており、長年にわたる”妥協”に終止符を打ちました。 その神秘的でふくよかな音色、そしてクリアですばやいレスポンスが世界各国のプレイヤーより高く評価されています。

詳細を見る

BRAND LIST

ブランド一覧

Original Brand

オリジナルブランド

Other Brand

その他ブランド

Used Item

中古品

Accessories

アクセサリー