Dolce Original Brand

デュルク

Durk

ホルン一覧へ戻る

About Brand

ブランドについて

Discover Your Voice

名だたる楽器工房で修業を積んだディートマー・デュルクは、1987年 ドイツ南西部ライン川に近いドロマースハイムという町に自身の工房を構えます。
ブドウ畑にかこまれた小さな工房の中、洗練された技術と細部までのこだわりをもって造られた最高品質の楽器は、愛好家から世界的プレイヤーまで、特別な一本を探し求める音楽家の心をつかんで離しません。

伝統を大切にしつつも、常に新たなアイディアとインスピレーションを求めるデュルクホルンは、ホルン界にいくつもの革新をもたらしました。


≪伝統と革新≫

ホルン奏者が長年苦しめられてきたマウスピースシャンクの違いを、特別なマウスパイプと2種類のレシーバーで解決。

D3モデルでは、最新のCAD(コンピューター支援設計)技術を使用し、従来のヴァルブセクションを大幅に改善するデザインを可能にしました。

2020年に発表されたばかりのD10 “Allegrini experience”では、息の流れに焦点を当てた120度回転する切替ヴァルブを開発し、一気に話題に。

楽器としての機能が向上すると重量も増えるというジレンマが生じますが、デュルクのトリプルホルン“ab Aeternum”はたったの2.7~8kgしかありません。(通常はシングルホルンで約2.8 kg。フルダブルで約3.2 kg。そしてフルトリプルで約3.6 kgにものぼります。)

しかし、最先端の技術と革新的なデザインを追い求めるからと言って、伝統をないがしろにしたり、手間を惜しんだりするわけではありません。

伝統的に、楽器製造には鉛が使われていましたが、それにかかる膨大な時間とコストを削減するため、殆どの楽器メーカーが他の製造方法に変更していきました。
世界が効率化・コスト削減に向かう中、どれだけ大変であっても、その方法で作られたベルが奏でる音色はより豊かで、耐久性が高いということを発見したデュルクは、人体と環境への影響に配慮した特別な鉛を用い、ベルをひとつひとつ丁寧に曲げています。

過去の名匠たちの手法を隅々まで研究し、現代のアイディアと統合することで、ハンドメイドの楽器の伝統を紡ぎ続けているのです。

Line Up

ラインナップ

フルダブルホルン

細部までこだわり豊かな響きと滑らかな演奏を可能にしたD3は
デュルクホルンの代名詞といっても過言ではないでしょう。
その銘器をラデク・バボラークとのコラボレーションにより
さらに特別なものにしたD3-Baborak、
そして2020年に発表されたばかりのアレッシオ・アレグリーニ監修D10“Allegrini experience”。
個性豊かなラインナップで最高のクオリティーを提供いたします。

詳細を見る

フルトリプルホルン

ラテン語で「永遠から」を意味するモデル“ab Aeternum”は、新発明の切替レバーを搭載し、
シングルホルンと同じ2.7~8kgまで軽量化することに成功。
豊かな音色と素早いレスポンスを兼ね備えています。

詳細を見る

ベル

デュルクの高い技術により製作されるベルは、一般的なベルよりも少し重量感があります。
また、ハンドハンマーも薄くせず厚みを残すことで、響きと重厚感を出すことができ、
D3-BaborakとD10”Allegrini experience”にも採用されています。

詳細を見る

Catalog

カタログ
  • img-durk-catalog

    デュルクホルン カタログ

    最新のカタログをダウンロードいただけるようになりました。

    PDFダウンロード

BRAND LIST

ブランド一覧

Original Brand

オリジナルブランド

Other Brand

その他ブランド

Used Item

中古品

Accessories

アクセサリー