Dolce Original Brand

ヘッケル

Heckel

オーボエ一覧へ戻る

About Brand

ブランドについて

ヘッケルフォン (英:Heckelphone、独:Heckelphon) について

ドイツの楽器メーカーであるW.ヘッケル社によって発明され、製作されている楽器です。
ヘッケルフォンは、オーボエ属の楽器で、オーボエ奏者によって演奏されます。

1876年、R.ワーグナーが、ヘッケル社のウィルヘルム・ヘッケルに、ある楽器の創案を示しました。 その要望とは、次のようなものでした。
「ダブルリード楽器のまさに王様と言うべき音、オーボエの1オクターブ下の音域で柔らかな音色を持ち、それでいてアルペンホルンのような力強さを持っている。」

しかしワーグナーは、自分が創案した楽器を存命中に見ることはありませんでした。
ワーグナーが亡くなった10年後の1904年、ヘッケルフォンは、ウィルヘルム・ヘッケルによって完成され、発表されました。
そして、R.シュトラウス作曲の楽劇「サロメ」(1905年)にて、初めてのステージにのぼりました。

ヘッケルフォンが発明・製作され、R.シュトラウスが自身のオーケストラ曲に使用し、一躍脚光を浴びる楽器となりました。 取り上げられた理由として、ヘッケルフォンが音域の拡大と丸いサウンドを生むベルの形状、音程と表現力に関して、オーケストラで使用されることに適したことが大きな要因と言えます。
ウィルヘルム・ヘッケル自身、「その音色は官能的豊かで、甘く華やか。倍音に富んでいる。そして非常に男性的で、バリトンに似ており、男声の聞いているような感じがする」と語っています。

ヘッケルフォン使用の主なオーケストラ曲
R.シュトラウス作曲:
歌劇「エレクトラ」、楽劇「サロメ」、
アルプス交響曲、祝典前奏曲、
H.ヘンツェ作曲:交響曲第9番、
E.ヴァレーズ作曲:「アメリカ」
G.ホルスト作曲:「惑星」

音域がバスオーボエと同じであるため、「惑星」でのバスオーボエパートをヘッケルフォンにて演奏されることもあります。ホルストが、元々ヘッケルフォンを想定していたのではないか、との説もあります。
〔室内楽曲〕P.ヒンデミット作曲:「ピアノ.ヴィオラ.ヘッケルフォンのためのトリオ」

ヘッケルフォンは、たいへん貴重な楽器です。日本国内には数本しか存在していません。また、楽器の注文をしてから8年から10年もの製作期間を要します。

Line Up

ラインナップ

model 36

ヘッケルフォーン

ヘッケルフォーン 価格
model 36 価格 時価

※表示価格は消費税抜きの価格です。販売価格・在庫状況・納期は随時お問い合わせくださいませ。

BRAND LIST

ブランド一覧