東京アカデミー

Tokyo Academy

Instractor

講師紹介

雲井 雅人

Masato Kumoi

国立音楽大学を経てノースウェスタン大学大学院修了。
第51回日本音楽コンクールおよび第39回ジュネーヴ国際音楽コンクールで入賞した。
1984年東京文化会館小ホールでリサイタル・デビュー。
2012年ハンガリー・ソルノク市立交響楽団、2013年「香港国際サクソフォンシンポジウム」、2014年「シンガポール木管フェスティバル」などで協奏曲を演奏。
2015年には、アメリカ合衆国メイン州で開催された「フレデリック・ヘムケ・サクソフォーン学校」に講師として参加。2016年インディアナ大学にてオーティス・マーフィー教授のサバティカルリーブにともなう客員教授を務める。
2017年アメリカ海軍ネイビーバンドのサクソフォーンシンポジウムに招待されて演奏。同年、準・メルクル指揮、国立音楽大学オーケストラ
とドビュッシー「ラプソディー」を共演。
2018年NASA(北アメリカサクソフォーン評議会)に雲カルとして招待され演奏とマスタークラスを行なう。
2005年と2014年「サイトウキネン・フェスティバル in 松本」に参加。
ソロCDに「ドリーム・ネット」(バンドジャーナル誌特選盤)、「シンプル・ソングズ」(レコード芸術誌特選盤)、「アルト・サクソフォーンとピアノのためのクラシック名曲集」、「リベレーション」、「トーン・スタディーズ」(レコード芸術誌特選盤)などがある。
大室勇一、フレデリック・ヘムケの各氏に師事。
「雲井雅人サックス四重奏団」主宰。国立音楽大学教授、相愛大学客員教授、尚美学園大学非常勤講師。
近年、ヴィンテージ・サックスに関する研究を深めている。

♪講師からの一言♪
受験生やアマチュアの方のみならず、音大を卒業された方のワンポイント的なレッスンなども歓迎します。

☆可能コース→不定期コースのみ