名古屋アカデミー

Nagoya Academy

Instractor

講師紹介

大西 宣人

Nobuhito Onishi

三重県津西高等学校を経て、1981年に三重大学教育学部卒業。1年間の教員生活を経て、演奏活動を開始。
1987年セントラル愛知交響楽団(旧名古屋シティ管弦楽団)に入団。入団後、カナダ・ヴィクトリア国際アカデミーとイーストマン音楽学校夏季セミナーに入団後、ボニーダ・ボイド女史に師事。1997年、1998年トレバー・ワイ氏のマスタークラスを修了。2000年には、ドイツ(マインツ)にて、日本の発声法の第一人者森明彦氏のマスタークラスを修了するなど研さんを積む。
これまでに、フルートを永長次郎、村田四郎、酒井秀明各氏に師事。
オーケストラでの年間100回近い演奏の他、名古屋(3回)、津、四日市でソロ・リサイタル開催。また、ソリストとしてセントラル愛知交響楽団とモーツァルト、ドップラーの作品を共演。東海三県でフルートデュオリサイタル、弦楽、声楽、ピアノとのジョイントリサイタルなどに多数出演する。1997年より3度に渡り、中国の著名な作曲家、呂遠氏に招かれ、北京・万里の長城等で彼の作品を初演、中国中央テレビで放送され、好評を博した。
フルートの他、篠笛、ケーナなど笛全般においても造詣が深く、邦楽演奏家との共演も多い。
現在セントラル愛知交響楽団団員、愛知・桜ヶ丘高校音楽科非常勤講師、名古屋笛の会評議員。日本フルート協会会員。