大阪アカデミー

Osaka Academy

Instractor

講師紹介

ラック・ザビエル 【マスタークラスのみ】

 Xavier Luck

1974年オーストラリア、シドニー生まれ。イギリス国籍。
メルボルン大学を卒業後、英国王立音楽大学、ウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。
ウィーン国立音楽大学の学生時代よりウィーンフィルハーモニー管弦楽団及び、ウィーン国立歌劇場の契約奏者を長年務めた。
ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、ベルゲンフィルハーモニー管弦楽団、ウィーン放送交響楽団、ウィーン室内合奏団、シドニー交響楽団、メルボルン交響楽団、NHK交響楽団他、数々のオーケストラと共演し、レコーディングにも参加している。
なかでも、2006年にトーマス クリスチャン アンサンブルのメンバーとして録音したCDが、名誉あるドイツ レコード産業最優秀賞を受賞した。
Pacific Music Festival (PMF) をはじめ、チロル音楽祭、ザルツブルグ音楽祭等、音楽祭にも数多く参加している。
これまでに、故W.シュルツ氏に長年師事し、その他A.ニコレ、J.ゴールウェイ、V.リュカ、P.ガロワ、J.ベーカー、F.レングリ、J.バックストレッサー、P.エドモントデイビス、W.ベネット、E.パユ各氏の指導を受ける。
2005年から兵庫芸術文化センター管弦楽団の初代フルート奏者を務め、その後、2008年からソウルフィルハーモニー管弦楽団の副主席奏者を4年間務めた。2013年より神戸女学院大学音楽学部で後進の指導にあたっている。


<ラック・ザビエル先生よりメッセージ>
これから音楽大学への進学を考えておられる方、また音楽大学を卒業され留学準備をしたい方、オーディション、コンクールの準備をされたい方、フルートと一緒に英語、もしくはドイツ語を勉強されたい方、もちろん日本語でのレッスンも大丈夫です!
一緒に楽しくレッスンしましょう!!