新着入荷情報

New Lineup

ドルチェ・クラシックチャンネルより、Trio『井上野’z』の音源配信開始!

このほど、大阪フィルハーモニー交響楽団の野津臣貴博、井上登紀、京都市交響楽団の上野博昭の三人が、ともに大フィルに所属していた時に収録したフルートトリオの演奏が、満を持して配信を開始!
収録曲は、フルートの楽器とその音楽の変遷を踏まえた選曲で、アルビーズィの小組曲第1番などの貴重な録音の他、カステレード、クーラウ、三浦真理作曲の「思い出は銀の笛」と、いずれもフルート・ファンには人気の名曲ばかり。
三人の名手が織りなす、華麗なフルートトリオの世界を、ぜひお楽しみください!

【収録曲】
◆F. クーラウ : 三つの三重奏 作品13 第二番 ト短調
◆J. カステレード : 笛吹き達の休日
◆三浦真理 : フルート三重奏のための「想い出は銀の笛」
◆A. アルビーズィ : 小組曲 第1番
◆A. アルビーズィ : 小組曲 第2番

【販売価格】
2,407円(税込)
※圧縮音源(mp3), CD音質(wav 16bit/44.1kHz), ハイレゾ(wav 24bit/192kHz)からお選びいただけます。

音源購入ページはこちら



演奏者プロフィール

InoueT

井上 登紀(いのうえ たかき)Takaki Inoue
広島県出身。桐朋女子高等学校(男女共学)、桐朋学園大学を首席で卒業後、富山桐朋オーケストラアカデミーに学ぶ。第5回フルートアンサンブル銀賞受賞。
第45回全日本学生音楽コンクール全国1位。フルートを中谷恵一、峰岸壮一両氏に師事。
1997年読売新人演奏会に出演。
1997年9月より大阪フィルハーモニー交響楽団フルート奏者。
1999年アフィニス音楽祭に参加。
2001年オーボエの加瀬孝弘氏とジョイントリサイタルを開催。
2006年チョンミュンフン氏主催のアジアオーケストラ韓国公演に参加。
2007年Vol.33音空間プロジェクトコンサートに出演
2010年大阪クラシックでヴィヴァルディ作曲ピッコロコンチェルトのソリストで出演
2012年Vol.39音空間プロジェクトコンサートに出演
関西を中心にソロ、室内楽にも精力的に活動している。これまでに読売交響楽団、新日本フィルハーモニー、広島交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、兵庫芸術文化センター管弦楽団、アンサンブル金沢にフルート・ピッコロのエキストラ奏者として出演。
2002〜2004年3月までドルチェミュージックアカデミーフルート講師。2005年より心斎橋パールフルート教室のフルート講師、甲南大学オーケストラ、関西学院大学オーケストラ、近畿大学吹奏楽部各団体の木管楽器指導も行っている。アンサンブル「弐」メンバー。

uenoT

上野 博昭(うえの ひろあき)Hiroaki Ueno
岐阜市出身。13歳よりフルートを始める。2007年名古屋芸術大学音楽学部器楽科卒業。卒業後、愛知の主要オーケストラの客演奏者として研鑽を積み、2008年大阪交響楽団(旧大阪シンフォニカー交響楽団)にフルート副首席奏者として入団。2012年、大阪フィルハーモニー交響楽団のフルートトップ奏者として入団。2017年2月より、京都市交響楽団の首席フルート奏者を務める。
第10回コンセール・マロニエ21 木管部門第3位。第17回日本木管コンクールフルート部門第2位。フルートを高木直喜氏に師事。なにわ《オーケストラル》ウインズ、WindQuintet SONORITÉ各メンバー。2016年度青山音楽賞(バロックザール賞)を受賞。2018年、大和高田市文化会館 さざんかホールにてNHK-FM公開収録「リサイタル・ノヴァ」に出演。
神戸女学院大学、大阪芸術大学各非常勤講師。

nozuT

野津 臣貴博(のづ みきひろ) Mikihiro Nozu
静岡県沼津市出身。桐朋学園大学卒業。英国王立音楽院にて最高位賞(Dip.RAM)を得て卒業。その後、アメリカ・エール大学大学院に奨学金を授与され入学。 1990年より5年間フィンランド・ラッペーンランタ市交響楽団の首席奏者を務め、1995年~現在、大阪フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者。1990年(第1回)&1991年(第2回)PMFオーケストラに参加。
ワシントンD.CでのNFAフルート・コンクール第二位受賞を初め、内外の国際コンクールに入賞。
ソリストとしてこれまでにフィンランド、イギリス、アメリカ、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、中国、台湾、韓国に招かれる。
主なもとして、1993年にポーランドのオルスツン・フィルとモーツァルトのフルート協奏曲第1番を、1997年にルーマニアのデイヌ・リパッティ・フィルとC.P.E.バッハのフルート協奏曲イ短調を、2000年にルーマニアのブラショフ・フィルとモーツァルトのフルート協奏曲第2番を協演。2001年、ルーマニア室内管弦楽団日本ツアー(指揮:曽我 大介)のソリストとしてモーツァルトのフルート協奏曲第1&第2番を協演。2004年には「尾高 尚忠フルート協奏曲」をフィンランド初演、好評を博す。
国内では、大阪フィルハーモニー交響楽団との協演も多く、指揮者ヘルムート・ヴィンシャーマンとは2004年にJ.S.バッハの管弦楽組曲第2番と2006年にブランデンブルグ協奏曲第5番を、大植 英次とは2007年にモーツァルトのフルート協奏曲第1番と2011年に尾高 尚忠フルート協奏曲を、延原 武春とは2011年にモーツァルトのフルート協奏曲第1番をそれぞれ協演した。
また、2019年2月には田中 太智指揮によるライゼ・カンマー・オーケストラでライネッケの協奏曲を協演、8月にはPMF0周年プレミアム・コンサートに出演した。NHK-FM「フレッシュ・コンサート」「名曲リサイタル」他、出演多数。
150年前にパリで製作された銘器『ルイ・ロット(エスプリ)』を駆使する稀な名手。その音色と音楽性、テクニックは内外の指揮者より絶大な信頼を得ている。
フルートを三浦 由美、小出 信也、ウィリアム・ベネット、ジェフリー・ギルバート、トーマス・ナイフェンガーの各氏に、室内楽を中川 良平に、指揮を岡部 守弘、大植 英次に師事。
2003~’06年まで桐朋学園大学専任講師を兼務。2007年イギリス・ストラトフォード国際フルート音楽祭、2018年 中国・泰山国際夏期音楽講習会招聘講師。相愛大学、大阪国際滝井高校、大分高校講師。
全日本学生音楽コンクール、日本フルート・コンヴェンション・コンクール審査員。アジア・フルート連盟、日本フルート協会理事。2010年より英国王立音楽院準会員(ARAM)。


【お問い合わせ】
ドルチェ楽器/ドルチェ・クラシックチャンネル
Webサイト: https://dolce-classic-ch.com/
TEL: 03-5909-1771
E-MAIL: classic-channel@dolce.co.jp