大阪アカデミー

Osaka Academy

Instractor

講師紹介

ポール・エドモンド・デイヴィス

Paul Edmund-Davies

1984年、名門オーケストラであるロンドン交響楽団に入団、87年より首席を務めた。
2004年、20年間在籍したロンドン交響楽団を退団。トレバー・ワイ、ウィリアム・ベネットの両氏に師事。
82年にイギリス室内オーケストラに入団、ソリストとしてもイギリスをはじめとして、米国、イタリア、ニュージーランド、ホンコン、オーストラリア等でマスタークラス及びリサイタルを開催し高い評価を受けている。
またサー・ネビル・マリナー率いるアカデミー室内管弦楽団のメンバー、及びソリストとして、多数の録音を行っている。
02年メルボルンでのオーストラリア・フルートコンベンションのゲストアーティストとして招聘を受ける。
楽譜の校訂にも力を入れている。
現在、英国ロイヤルアカデミー教授。